四十肩・五十肩

  • 服を着たり、髪を結ぶ時に肩が辛い
  • 夜寝ていると肩が痛み眠れない
  • レントゲンでは原因がわからないが肩の痛みがある
  • 腕が上がりにくい
  • 注射や湿布で肩の痛みが変わらない

四十肩・五十肩はなぜ出てしまうのか

四十肩・五十肩は大体、40才~60才代の世代の方に多く、腕をしっかり動かすことが難しくなったり、肩が痛んで辛いという状態です。

四十肩・五十肩がひどくなると、寝ている時に肩が痛み、睡眠不足になってしまうため日常生活にも影響が出てしまいます。

肩の関節はたくさんの方向に動かすことが可能ですが、肩の構造は複雑だからこそ不安定です。

関節に動きに1つでも異常があると他の関節の関節の動きも悪くなり、腕が上がらない・肩が痛むという症状に繋がってしまいます。

そして、肩をたくさんの方向に動かすために多くの筋肉がついていますが、動きが悪くなってしまうとその筋肉へ過剰に負荷がかかり、慢性的な症状に繋がってしまいます。

四十肩・五十肩に対しての治療法

さいたま市大宮区むさし鍼灸整骨院ではまずは痛みを出している部分の、神経興奮を抑えるように特殊な電気治療をかけていき、動きが悪くなってしまった関節を動かしていきます。

同時に硬くなってしまった筋肉に対してもアプローチできます。

筋肉、関節、神経と深いところにある組織にしっかりとアプローチできるのは、治すことにこだわるむさし鍼灸整骨院だからこそできることです!

 

適切な治療法

♠ハイボルテージ治療

♠鍼治療

♠猫背矯正